脳卒中体験者として気持ちの置き場 - どんぽのばぶさん61〜

脳卒中という病名は無くて、脳出血脳梗塞くも膜下出血の3つからなるカテゴリーだそうです。

私は昨年10月に左被殻出血という脳内出血(俗にいう脳卒中)を体験しました。

幸い出血した位置と出血量が少なかったことで顕著な後遺症は現れず以前とほぼ同様の暮らしをしています。

不本意な体験をしたものですからこの一年間「脳卒中を体験した」という事実から心の目を閉ざし、

受け入れようとせずに暮らしてきました。

それだけ精神的なダメージにおびえていたのかもしれません。

自分を取り巻く周囲の人たちからの対応が変わってきました。

そのことへの反発感情から自分は何も変わっていないと過剰に言い聞かせてきました。

けれども一年が経ちましたのでそろそろ心の置き場を変えてみようと思います。

脳卒中を体験した」事実は事実として受け入れて暮らすほうが自然ですから。

これからは積極的にこの事実を受け入れながら暮らしてみようと思っています。

具体的にどうするのかは未知数ですが、心持の置き場を変えてみることにしました。