題... すべては利権がらみなのです

◆ さすがは小泉純一郎氏。その通りだと思います。

〜〜 以下 引用 〜〜

小泉純一郎元首相「憲法改正、来年にできるわけがない」 野党第一党との協力主張 ⇒ http://bit.ly/2NpKdHz

 小泉氏は「改憲は選挙の争点にしてはならない。野党第一党と協力して『まあこの辺がよいだろう』というふうにしなければならない。自民党だけで選挙の争点にしたら、絶対にできない」とも語り、与野党による調整が必要だとの認識を示した。

 その上で小泉氏は、安倍首相が決断すれば「原発ゼロ」が実現可能だと主張し、「やればできることをやらず、できもしないことをやろうとしているのは分からない」と述べた。「感度が鈍いのか、判断力が悪いのか。不思議だ」と首をかしげた。

〜〜〜〜〜

◆ 小泉氏は派閥の後輩として可愛がっていた現役首相の安倍氏に配慮して“分からない、不思議だ”と言われますが、私はわかります。

 私は、安倍首相が典型的な“利権主義者”だからだと思います。[#利権主義者]

 安倍首相が言う憲法改正云々は軍需産業を活性化させたい意向が背後にあるようだし、屁理屈をこねて原発を推進しようとするのは文字通り原発利権の発想そのもの。

 要するに、安倍首相がやろうとしていることは、すべて利権がらみ。私は、以前から、安倍首相のことを“利権好きの隠れ抵抗勢力”と断言しています。[#隠れ抵抗勢力]

 小泉氏には安倍首相の発想が理解できるわけがありません。安倍首相は、発想そのものが、構造改革主義者の小泉純一郎氏とは正反対の人だからです。

〜〜〜〜〜

●(注1)

 “安倍首相が利権好きの隠れ抵抗勢力”ということは、2017.5.31のブログ 『ジャパニーズ・マフィアになり下がった安倍首相』をご覧ください。[→ http://bit.ly/2qNSMFF