決算の市長質問が1人! - 社会はかわるし、かえられる!

釧路市議会の9月議会は決算の審査が入るため長い。昨日、各会計の審査が終わり、1年間の予算執行の問題点や改善などを市長に質問する「市長総括」の日であった。

しかし、何と、たった1人。共産党の村上議員だけであった。

小中学校の教育用パソコンが、計画目標を下回っていることについての質問であった。

議員は、市民の中にいてさまざまな要望や問題を把握しているのではないか。それを予算に反映させ、その執行結果である決算について、市長への質問がないということは・・・

これは与党・野党とは少し違う問題ではないか。

市議会は言論の府であり、議論の場である。決算委員会で、市の予算執行に多くの議員から質問があるということこそ、健全な議会ではないか。

釧路市議会は過去にも「広報不掲載」問題が発生した。与党にとって、市長にとって不都合なことは市民に知らせないという、言論の府として恥ずかしい事態を引き起こした。結果は掲載することで解決したが、こうした問題を抱えた市議会であることは事実だ。  こちら

市の決算は「否決」されても、市政運営上は問題は起こらない。だからこそ、議会としてしっかりチェック機能を働かせてほしい。

私自身も議員時代は、決算における質問がないということはなかった。