「美女と野獣」 ( 洋画 )

最初に物語が書かれたのは、1740年と言いますから、

すでに280年前に書かれたと思えば、感慨深いものがあります。

それ以来いくつかの書き直しがあって、1910年代には、

ラヴェル組曲になって、オペラ座でバレエ公演もされています。

そしてミュージカルとなり、コクトー監督の映画になって、

1991年には、ディズニーのアニメーション映画になっている。

その後もオーストラリア、フランスで映画になったあと、

2017年には、ついにディズニーの実写版が発表されたのです。

あまりにも有名な題材ですし、エマ・ワトソンがベル役で、

ディズニーが大々的に宣伝した映画ですから、ヒットは間違いない。

そんな世界的にも有名な映画ですが、ロードショーは見に行けず、

今回ようやくレンタルで見たのですが、確かに素晴らしかった。

物語は誰でも知っているので、ここでは触れませんけど、

何が素晴らしいかといって、実写とCGの切れ目ない融合です。

以前には不可能と思われる、ティーカップやその仲間たちはもちろん、

野獣の映像やオオカミなども、どこまでが本物か分からない。

建物も森の様子も、あらゆる場面が妥協なく作られており、

それを可能にしたのが、最新のSFXなどの技術なのでしょう。

どこまでが実写で、どこからがCGか分からないと言うことで、

まさしく夢と現実の境目をなくして、一つの作品が出来上がっている。

僕らはそんな作品世界の中に、どっぷりと浸かることができるので、

日本文化とはまるで違う世界の話しに、違和感なく没入できる。

そして300年近い長きにわたって、愛され続けたフランスの物語が、

その文化を分かるはずのない我々にまで、涙を誘ってくるのです。

愛とは何か、真実とは何か、誠実とは何か、友情を問い、

夫婦の情を問い、親子の愛を問う、繊細にしてかつ壮大な物語。

しかも歴史的な意味もあるのか、全編にミュージカル的な歌があり、

それでいて現実離れしていないのが、この映画の魅力の一つでしょう。

まるでおとぎ話なのに、大人がはらはらドキドキして見てしまい、

現実離れしているのに、個々の登場者は身近な感じさえするのです・

美女は美女として、野獣は野獣として魅力的なのですが、

それだけではない登場人物の多くが、どこかに魅力を秘めている。

自分を失わせている魔法が溶けさえすれば、魅力的な人たちが、

実は魔法によって、歪な人間になっていると言いたいのかも知れない。

美女と野獣のハートフルなやりとりも、つい応援したくなり、

最後には思わず涙を流してしまう、珠玉の名作品を味わいました。