トルコ・ドイツ首脳 関係改善で一致 「通貨」「難民」で思惑 ( ヨーロッパ情勢 )

これは、エルドアン大統領の側から折れてきたんだろうね。

トルコからドイツ軍を残らず撤退させ、関係悪化しまくっていたけど。

アルメニア事件は「虐殺」 独下院が決議、トルコ反発

流石にトルコ通貨が40%も下落すると、大統領丸くなるかな。

Euよりシリアに向かっていた関心が、またドイツにすり寄ってきたわけだ。

>日本にも隣国にこういう国があったなぁ。

トルコのソブリンファンドの理事を全部クビにし、自分が理事長に就任したエルドアン

トルコ、米から金準備を回収

トルコ中央銀行が利上げ 17.75%→24%に

トルコ 通貨リラ20%急落 米が関税倍増表明で、今年に入って40%下落

自国にそっち系の民族がたくさんいて、内政干渉治外法権やりまくる。

被害者ぶってますしね。

トルコ系暴走族オスマンゲルマニアを違法団体と認定

シリア問題に、ドイツ、フランス、ロシアを加えた4カ国協議も開きましょうと、譲歩したな。

メルケルマクロンさんへの餌だけど。ロシアは付き合ってあげるのだろう。

ロシア、トルコを取り込みへ シリア情勢で有利な政治決着めざす イランも含めて3カ国首脳会談

トルコ軍、シリア北部のクルド人施設空爆 戦闘拡大に懸念広がる

トルコの夢が広がるシリア:Turkish troops enter northern Syria in new operation

早急に対応してほしいエルドアンだけど、そこは渡りに船と難民を引き受けさせるいい潮目と

メルケルさん思っているかもしれないな。

ドイツから逆に難民を減らすことが出来たら、支持率回復は間違いない。

自分で無制限に入れておいて、今度は自分が返したといって訴えるのだろう。。。

>与党内でゴタゴタしたところで、救い船かな。

ドイツ メルケル政権支えた重鎮が院内総務に再選されず

難民流入が止まったおかげ、トルコさまさま:オーストリア大統領選、極右候補が敗北宣言

加盟交渉継続問う国民投票も=EUを批判−トルコ大統領

-----------------------------------------------------------------------

トルコ・ドイツ首脳 関係改善で一致 「通貨」「難民」で思惑

2018年9月29日 8時39分シリア内戦

トルコのエルドアン大統領とドイツのメルケル首相が会談し、冷え込んでいた両国関係の改善に努めていくことで一致しました。トルコは、アメリカとの対立などから通貨安が進んで経済が厳しくなっていて、ヨーロッパとの関係をよくすることで経済の安定につなげたいものとみられます。

トルコのエルドアン大統領は28日、訪問先のドイツ ベルリンでメルケル首相と会談しました。両国は、ドイツがエルドアン政権が強権的だと批判し関係が冷え込んでいましたが、会談後の記者会見で両首脳は、経済協力を深めることなど関係改善に努めると強調しました。またメルケル首相はシリア情勢をめぐって、ドイツとトルコにロシアとフランスを加えた4か国による首脳会議を来月開く方針を明らかにしました。トルコは、アメリカ人牧師の拘束問題をめぐるトランプ政権との対立などから通貨リラがドルに対して大幅に下落してインフレが加速していて、エルドアン大統領としてはドイツをはじめヨーロッパとの関係改善を進め、経済の安定につなげたいものとみられます。ドイツとしても、難民の受け入れで重要な役割を果たすトルコのヨーロッパ離れに歯止めをかけようという狙いがありますが、トルコの人権問題などをめぐって両首脳の立場の隔たりは大きいままで、どこまで関係がよくなるかは不透明です。