時代の革命児が遺した、独創性を拓く15の言葉。

スティーブ・ジョブズ

★“ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?

そう思った時点で君の負けだ”

1997〜2002年頃まで使われたアップル社の有名なスローガン“Think Different”を

思い起こさせるこの名言は

「ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるかを

見極めることが重要だ」と続く。

人生は短く、そんなに多くのことをやるチャンスはない。

だから、自分で選んだものは、やる価値があるものでないといけない。

ジョブズは“世界を変える”ことに人生を賭けた。

★“今やっていることが、どこかに繋がると信じてください”

1984年発売の初代マッキントッシュは、美しいフォントを持った

世界初のコンピュータだった。

リード大学をドロップアウトし、興味がわいたカリグラフィのクラスに潜り込んだ。

「文字の持つ、その繊細な芸術性に夢中にならなかったら、

マッキントッシュは誕生しなかっただろう」と、

スタンフォード大学卒業式での祝辞で振り返った。

そして、“点と点の繋がりは予測できない。

だからこそ、いつか何かに繋がると信じ、自分の心に従う勇気を持って欲しい”

という彼の想いを伝えている。

★“頭で理解することより、体験に価値を置いている”

知識も大切だが、体験してこそよくわかることを指した禅の教えから。

養子という生い立ちに悩んでいた若かりしジョブズは、

70年代のヒッピーカルチャーに心酔し、座禅、瞑想、問答、インドでの托鉢など、

心の探求を続けた。

やがて禅と出会い、アップル創業時まで熱心に修行に打ち込んだ。

ジョブズが心や直感に従うのは、こうした経験や知見に基づいている。

★“私たちはいつも偉大なアイデアを臆面もなく盗んできた”

ピカソの言葉「凡人は模倣し、天才は盗む」を好んだジョブズ

実際、iPodマッキントッシュの技術も既存のアイデアや技術に由来している。

しかしそれらの経営陣が気づかなかった技術の価値を見抜き、

優れた商品にしたのはジョブズだった。

ゼロックスパロアルト研究所を訪れた際には、

「なんで放っておくんだ。すごいじゃないか。まさに大革命だ」と飛び回ったという。

★“アップルは他社からの難民で成り立っている”

「個人としては極めて頭がいいんだが、他社ではトラブルの種になるような連中ばかり」と社員を表現している。

世界を変えたいと本気で考える彼らに従順は望めない。

初代マッキントッシュは、“宇宙を凹ませたい”ジョブズと、

それに応えられる力をもった若き天才クリエイターの凄まじい情熱と仕事量から

誕生した。

★“前進し続けられたのは、自分がやったことを愛していたから”

マッキントッシュ発表の1年後、自ら創業したアップルを突然解雇され、

途方にくれていた彼を救ったのは、

“それでも、自分がしたことを今も愛している”という確信だった。

その気づきが成功者であることの重みを、初心者の身軽さに変えた。

そして、人生で最もクリエイティブな時期を迎える。

後にアップルに買収されるネクストを起業し、ピクサーを買収し、

妻となるローレンと出会うのだ。

★“集中と簡潔が私のモットー”

アップルに復帰後、すぐに数百ものプロジェクトを中止、

製品ラインも大幅に削減し4種類に限定した。

グーグル創業者ラリー・ペイジが優れたCEOになる秘訣を聞いたときにも、

晩年のジョブズは「集中」を強調している。

ジョブズNew Balanceのスニーカー、リーバイスのデニム、

イッセイミヤケの濃紺のタートルネック、という

ノームコアスタイルを貫いたことでも有名だが、

その背景には日本の制服文化や禅の影響があるのだとか。

★“デザインは、どう見えるかではなく“どう機能するかだ”

「デザインは“どう見えるか”だと勘違いしている人が多い」と前置きした上での言葉。

アップルにとって、デザインとは商品の外観ではなく、製品そのもの。

製品の本質に注意深くピントを合わせていくと、

使いやすく、エレガント、そしてシンプルになるのだという。

「製品がすべてを語ってくれる」。ジョブズはそう信じていた。

★“ロールモデルの一人にボブ・ディランがいる”

アップルに返り咲いた数年後、ジョブズは自分の人生や自身を

クリエイターと表現するようになる。

「失敗をおそれずトライする限りアーティストなんだ。

ディランもピカソも、チャレンジし続けた人物だ」。

ピクサーの成功で栄光を手にしながらも、

瀕死の状態にあったアップルに戻るという決断を後押ししたのは、

幼い頃からファンであり、立ち止まることのない姿を見せ続けた

アーティストの存在だった。

★“イエスではなくノーと言うことだ”

大切なのは、“本当に重要なことにピントを合わせられるかどうか”。

間違った方向に進まないために、またやりすぎないために、

1000もの良案にも「ノー」と言い続けた。

「僕のいちばんの貢献は、本当のいいもの以外にはつねに口を出しつづけたことだ」

「何をしてきたかと同じくらい、何をしてこなかったかを誇りたい」と、

その重要性を強調している。

“安全にやろうと思うのは、1番危険な落とし穴なんだ”

ジョブズは、iPodのなかで一番の売れ筋だったminiの生産を打ち切り、

薄型の後継モデルnanoの開発に踏み切っている。

Mac OSのときも、伝統的なスタイルを捨て、デザインを一からやり直す決断をした。「さらにすぐれたものをつくりたい」という強い想いは、

誰もが持つ安全願望を拒み続けた。

★“ゆっくり燃えるのがいいという人がいるのも知っている。

でも、僕はビッグバンでね”

アップルを創業した76年から2011年に亡くなるまでの35年の間に、

パソコン、ポータブル音楽プレイヤー、携帯電話のあり方を変え、

世の中に変革を起こした。

また、自身が設立したピクサーによる世界初の長編フルCGアニメーション

トイ・ストーリー』の大成功は、アニメ制作のあり方も変えた。

そのスピードと影響力、カリスマ性、独創性、リーダーシップは、

世界中の起業家に影響を与えている。

★“もし今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいだろうか?”

17歳で「毎日これが人生最後の日と思って生きなさい。

必ずその通りになる日がくるから」という言葉と出会い、

以来、鏡の前で毎朝こう問い続けた。

妻となるローレンに出会った時も、打ち合わせの予定があったが、

「もし地球で過ごす最後の夜だったら…」と自分に問い、

打ち合わせをキャンセル。彼女を夕食に誘った。

★“我慢さえできれば、うまくいったも同然なんだ”

起業家の成功と敗北を分けるものは「我慢できるかどうか」。

「だから、情熱を傾けられるアイデアや問題をもっていなければならない」と語る。

妥協に怒りを爆発させ、容赦なく叱咤したジョブズだったが、

こだわりを持ち続け、激務をやり遂げ、

勝つためには、ビジョンと”強靭な忍耐力”が必要なことを誰よりも知っていた。

★“絶対にマネのできない、マネしようとすら思わない

レベルのイノベーションを続けろ”

2001年当時、驚異的な保存数1000曲というiPodで世界中の音楽文化を一変させ、iTunesミュージックストアで業界に風穴をあけた。

そしてiPhoneの成功で携帯電話の概念を変え、

まだ文字が読めない2歳半の子供も扱えるiPadを作った。

技術的革新ではなく、“人間の生き方を変えるイノベーション”で、

世界をリードしたジョブズ

その独創性と実現力は、これからも人々をインスパイアし続ける。

イノベーションがリーダーとフォロワーを分ける」のだ。

参考文献

ジョブズの哲学 カリスマが最後に残した40の教え』竹内一正 だいわ文庫

スティーブ・ジョブズ 名語録 人生に革命を起こす96の言葉』桑原晃弥 PHP文庫

スティーブ・ジョブズ 神の遺言』桑原晃弥 経済界新書

スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ』ジョージ・ビーム(編)、竹内一正(監訳・解説)三笠書房知的生きかた文庫

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』カーマイン・ガロ著、井口耕二翻訳、外村仁解説 日経BP

スティーブ・ジョブズ 自分を超える365日の言葉』泰文社

スティーブ・ジョブズ全発言』PHP研究所

スティーブ・ジョブズ講談社

スティーブ・ジョブズ 偶像復活』東洋経済新報社

『なぜジョブズは禅の生き方を選んだのか』PHP研究所

スタンフォード大学・卒業式記念スピーチ(2005年)